メリットあればデメリットあり

脳の働きとどもりの関係について

どもりが特別なことだなんて言えるのでしょうか。もちろん吃音で困っている人と、疲れて口が回らなくてどもることとは別問題です。だけどどもる人を見ておかしな人だなんて、まったくお門違いです。
お悩みならばどもり 原因がお奨めです。

 

どもることはお酒を飲んで酔うと起こることがあるし、眠くてボーっとしているときにも起こりやすいです。いずれも脳がしっかり働いていない状態と言っていいでしょう。脳の働きがうまくいっていない時に、または意識がぼんやりしてはっきりしていない時に口が回らず言葉につまずくことが多くなります。

 

当たり前と言えばとても当たり前のことなんですね。全ては脳と繋がっているのですから、脳が休みたいと言っている時に無理に話そうとしたって流暢に話ができるはずありません。話だけに限りません。脳が休みたいと言っている時に運動したって、つまずいたりして怪我をしてもおかしくありません。

 

どもるということは脳の働きと関係が深いと思います。どもりが気になる人はそこを考えると良いと思います。
不安を解消するどもり 原因についてのサイトです。