メリットあればデメリットあり

乳液とクリーム両方使った方がよいのか

 

乳液とクリーム、どちらも油性の成分を含んだ化粧品です。乾燥がひどくなければ乳液とクリームを一緒に使う必要はありません。テクスチャーが違うだけで配合できる成分に大きな違いはありません。皮脂分泌が活発な方は二つを使うと、油分が毛穴をつまらせて吹き出物を作ることがあります。友人にも教えたサイト→セラミド 化粧品を是非ご覧ください。

 

乾燥がひどいときは両方使うのもよいでしょう。冬場など乾燥がひどい季節のみ両方使うなど、季節によって使用方法を変えます。Tゾーンのように皮脂分泌が活発な部位は乳液、口元など乾燥が気になる部位はクリームと使い分けることもできます。乳液で保湿成分を与え、クリームで与えた潤いを閉じ込めます。情報はこちらセラミド 化粧品を参考にしてください。

 

クリームはべたつく、重いと感じるかもしれませんが、べたつくのは皮脂分泌が活発だからです。潤いが不足していると潤い不足を解消するために皮脂分泌が活発に行われます。化粧水で保湿成分や水分を与え、クリームで潤いを閉じ込めることで次第に乾燥が改善し、クリームでべたつくことがなくなります。